「御菓子司 藤屋」の上生菓子はインスタ映え間違いなし

  • 2022年7月10日
  • 2022年7月30日
  • お店
  • 16view

こんにちは!LOVE丹波編集部です。

今回は古くから丹波市で愛される和菓子屋さん「御菓子司 藤屋」をご紹介します。

藤屋と丹波の長い歴史

このお店は、丹波に初代が1950年創業しました。現在の店主は、奈良や横浜などの和菓子店で修行し、平成11年に後を継がれました。商品の美しさや、味わう喜び、贈る喜び、季節に応じた商品を買う喜びのために、新しい趣のある和菓子の創作に取り組まれています。

そのかたわら、小学校やママさんサークルで和菓子教室を開催してきました。そこでお客様のニーズを知り、商品に反映させていきました。季節により収穫される丹波の果物を取り入れた大福は、大人気商品になり、とても好評です。

色鮮やかな上生菓子は超人気商品

人気商品の上生菓子は、インスタ映えする鮮やかな芸術品です。卓越した技術により完成した上生菓子は、見た目の可愛らしさと新しい美味しさで多くの人々を笑顔にしています。

金太郎と熊のセットもいいですが、特におすすめなのはクリスマスのセット。かわいいサンタさんに、トナカイさん、それにクリスマスツリーなどが見事に表現されています。

中の餡は、それぞれ違っていて、ミルク、レモン、イチゴ、栗など、どんな味か食べるまでのお楽しみです。かわいいキャラクターやバラなどのお花のデザインの他に、オーダーメイドも可能で、写真などを事前に用意すれば似顔絵風のデザインも可能なんだそうです。

上生菓子は冷凍された状態で地方への発送もできるそうなので、お友達やご家族への贈り物にしてみてはいかがでしょうか?

新触感のくずもちアイス

くずもちアイスは、アイスなのに溶けないのが特徴です。新食感のアイスで、食べ始めはアイスの食感ですが、少し時間が経つとクリーミーなもちもちの食感に変わります。味はフルーツがダイレクトに味わえ、後味がミルクですっきりします。溶け出さないので小さなお子様がゆっくり食べても安心です。

氷上町の丹波乳業の牛乳と丹波の季節のいろいろな果物を組み合わせており、種類は、「丹波いちごみるく」、「丹波大納言あずきみるく」、「丹波ブルーベリーみるく」、「丹波栗モンブラン」などです。

きんかんぽうは、姫路菓子博金賞を受賞しました。手土産や贈答で一番人気がある商品で、白餡ときんかんをパイ生地で包んで焼き上げている、薬草の町、山南町にちなんだ銘菓です。その他、旬のフルーツが味わえる大福や、モナカやおまんじゅう、かすてらロールなど、多数そろえています。

御菓子司 藤屋へのアクセスは?

長い歴史を持つ「御菓子司 藤屋」は、高級で敷居が高くて足を運びにくいイメージの和菓子店ではありません。昔から愛されている味を大切に守りつつ、時代にマッチした商品を作ろうと日々進歩されていて、丹波の旬のフルーツ、食材を使った和菓子を楽しむことが出来ます。

丹波市へお出かけする際は、ぜひ一度「御菓子司 藤屋」へお越しください!

店名御菓子司 藤屋
ジャンル和菓子
電話番号0795-77-0146
住所兵庫県丹波市山南町井原411
交通手段JR船町口駅から1,800m
営業時間8:00~19:00
日曜営業
定休日火曜日
決済方法カード可
電子マネー不可
駐車場有り
喫煙禁煙
検索するGoogleを開く
写真を見るインスタグラムを開く
グルメサイトでチェック食べログを開く